Jumpei のすべての投稿

台風接近!あなたのバイクは大丈夫?愛車を守る5つの対策

バイクを台風から守るために最善の方法は、家やガレージなどの室内に避難させることですが、残念ながら実際には難しい場合がほとんどだと思います。
そこで今回は、屋外でバイクカバーを掛けて駐車するという前提での対策をご紹介していきます。
重たいバイクであっても思いの外すぐに転倒してしまうものなので、しっかりと対策しておきましょう!

※5つの対策の全てを施すことで効果が出る方法です

【対策1】センタースタンドではなくサイドスタンドを使う

※この対策は私の経験と理論に基づくものですので、逆の意見もあります。参考意見としてお読みください。

一見するとセンタースタンドの方が、左右のバランスが取れて安定している気がしますが、タイヤが浮いてしまうセンタースタンドでは、前後の揺れ(ピッチング)や、スタンドを軸とした回転の動き(ヨーイング)が生じてしまいます。
支点となるスタンド接地面と重心との距離も近いため、横に倒れる可能性は高くなりますし、前に動くことでスタンドが外れて転倒するリスクも。

その点サイドスタンドなら前後タイヤが地に着いているため、回転や前後の揺れはほぼありません。
問題はスタンドが外れるリスクと反対側に倒れるリスクですが、これも後述の対策を講じることでほぼ回避できます。
ただし、もし対策5を施せない場合は転倒リスクが高まるのでセンタースタンドをお使いください

ちなみに、サイドスタンド接地面がコンクリートや金属でない場合は、板などで接地面積を増やすようにしておきましょう。
風圧によってサイドスタンドには大きな負荷が掛かり、土や砂利、アスファルトなどにめり込んでしまうことがあります。
バイクの角度が起きることで、サイドスタンドへの負荷を減らす効果もあるので、アルミ製スタンドの車両にもおすすめです!

【対策2】サイドスタンド側を壁に寄せる

次に駐車場所について。
近くに壁や柱がある場合は、そちらにサイドスタンド側が来るようにし、できるだけ寄せて駐車しましょう。
サイドスタンド側に倒れる可能性は低いですが、万が一の時にも壁が支えになってくれます。

【対策3】バイクが前後に動かないようにする

車体が前に動くとサイドスタンドが外れてしまうので、動かない様に対策しておきましょう。
まずはミッションを1速に入れます。
構造上ギアが入っていてもわずかに前後に動くので、止まるまで前に動かしておきます。
そしてタイヤに輪止めをかませてハンドルロックをしておけば、ちょっとやそっとでは動かないように。

【対策4】毛布を掛けてバイクカバーを縛る

土台が固まったらバイクカバーを掛けていきます。
カバーを掛ける前に、できれば車体に毛布などを掛けておきましょう。
何かが飛んできても傷が付きにくく、万が一倒れた場合にも損傷を抑えることができます。

次にバイクカバーですが、実はただ掛けただけでは風で膨らみ抵抗が大きくなり転倒しやすくなってしまいます。
「台風で倒れた」という場合はほとんどこのパターンなんですよね。
とはいえカバーをしないのは、雨や飛散物、防犯上心配なのでカバーありきで話を進めますね。

カバーが暴れたり下から吹き込んで来ない様にしっかり縛っておきましょう。
中央のベルトはもちろん、前後のチェーンロック用の穴にもロープなどを通して、ホイールときつく結んでおきます。
カバーが余っている場合は、バタつかないようにロープをグルグル巻きにしてもいいですね!

【対策5】サイドスタンド側から固定する

最後に丈夫なロープなどを使って、車体のできるだけ上の金属部分(金属製ミラーやハンドル)と柱を縛って仕上げれば、前後左右の転倒に対してかなり強くなります!
これが外れると一気に弱くなるのでしっかりと固定してくださいね。
もし柱などがなく固定できない場合は、センタースタンドを使うか、サイドスタンドと反対側を壁に寄せておきましょう(サイドスタンド側に倒れる可能性は低いため)。

もし倒れてしまったら

色々対策を施しても、予想以上の突風や飛来物などで残念ながら損傷してしまう可能性も…。
その際に修理をご依頼いただく場合の手順をご説明します。

転倒して時間が経ってからバイクを起こした場合は、慌ててエンジンは始動せず、まずガソリン、エンジンオイル、冷却水が漏れていないか確認してください。
漏れていなければ始動して大丈夫ですが、大量に漏れている場合や判断が難しい場合は始動しない方が賢明です。

漏れていないなら、続いて自走して弊社へお越しいただけるかを確認してみてください。
ハンドルの曲がり、ブレーキレバーやクラッチレバーの折損、ヘッドライトやウィンカーの動作不良、カウルの割れなどを確認し、走行に支障がない場合はそのままお越しください

自走可否の判断が難しい場合自走できない程損傷している場合ロードサービスをご利用ください。
任意保険に付帯しているほとんどのロードサービスは、無料で利用できて保険料が上がることもないので安心です(全てとは言い切れないので要確認)!
もしくは車両メーカーの保証に付帯している場合もありますが、こちらは自然故障以外は有料なのでご注意を。
いずれも利用できない場合は、弊社が引き取りにお伺いすることもできるのでご相談ください(有料)。
台風後は各作業が混み合うことが予想されるので、引き取りまでに数日かかるかもしれませんがどうか悪しからず。

KTMサマークリアランスキャンペーン開催中!

KTMの大型モデルがこれだけお得になるのはレア!
現行モデルとほとんど違わないモデルもあるので狙い目ですよ。
いずれのモデルも店頭在庫はなく、メーカー取り寄せになるのですが、すでにメーカー在庫もなくなりつつあります。気になる方はぜひともお早めに!

※メーカー在庫は7月14日時点での数です

期間:2020年7月11日(土)~9月30日(水)
※ 期間中のご成約と、2020年10月9日までの車輌登録が条件

キャンペーン①ディスカウント

モデル年式割引率定価販売価格メーカー在庫
1290 SUPER DUKE R201820%2,036,100円1,628,880円×
1290 SUPER DUKE R201915%2,036,100円1,628,880円ホワイト:○
1290 SUPER DUKE GT201820%2,188,800円1,751,040円オレンジ:○
ホワイト:○
1090 ADVENTURE201917.5%1,609,300円1,327,673円×
1090 ADVENTURE R201820%1,761,100円1,408,880円×
1090 ADVENTURE R201917.5%1,813,000円1,495,725円ホワイト:△
1290 SUPER ADVENTURE S201820%2,036,100円1,628,880円×
1290 SUPER ADVENTURE R201820%2,158,300円1,726,640円ホワイト:○

キャンペーン②ローン金利0%

ローン期間:最大60回

モデル年式定価メーカー在庫
790 DUKE20181,190,700円×
790 DUKE20191,190,700円×
790 ADVENTURE20191,517,600円ホワイト:○
790 ADVENTURE R20191,626,000円×
690 ENDURO R20181,446,300円×
690 ENDURO R20191,446,300円×
新型F900XRが入荷!TRACER900とのスペック比較も

詳細写真

まずは写真を見ながら各部をチェックしていきましょう!

足着きとライディングポジション

パッケージ別の仕様と価格

F900XRには、ベース、スタンダード、プレミアムラインの3つの選べるパッケージが用意されており、付属する装備も価格も大きく異なります。また、車体カラーによっても価格が異なるので合わせてご紹介します。

なお、ベースは受注生産のため、納車までに長期間お待ちいただく場合があります。

パッケージによる違い

ベース
1,148,000円
スタンダード
1,379,000円
(ベース比
+231,000円)
プレミアムライン
1,413,000円
(スタンダード比
+34,000円)
ローダウンサスペンション
ローシート

シート高825mm

シート高775mm

シート高825mm
サスペンションストロークF:170mm
R:172mm
F:150mm
R:152mm
F:170mm
R:172mm
ETC 2.0
TFTメーター
グリップヒーター
ナビホルダー
パニアケースホルダー
ハンドプロテクター
キーレスライド
ヘッドライトプロ
アダプティブヘッドライト
ライディングモードプロ
ABSプロ
DTC
(トラクションコントロール)
ダイナミックエンジンブレーキコントロール
ギアシフトアシストプロ
クルーズコントロール
ダイナミックESA
(電子制御サスペンション)
センタースタンド

まずベースについては、他パッケージと比べてほとんどの装備が付いておらず、せっかくの最新バイクらしさを十分に体感できないため、正直よほど予算の都合がない限りおすすめはしていません。

実質的にはスタンダードとプレミアムラインの比較になるかと思いますが、大きな違いはローダウンと電子制御サスペンションの有無です。
スタンダードは、シートだけでなくサスペンションにもローダウン加工が施されており、身長174cmのスタッフではかかとまでベタ着きでした。サスのストロークが前後とも2cm短くなり、アドベンチャーらしさは多少スポイルされますが、足着きのよさから来る安心感は大きいですね。ストロークはそのままに足着きを改善したい場合は、プレミアムラインにローシート(別売・約5万円)を組み合わせることで、795mmまで下げる方法もあります。詳細は後述します。

プレミアムラインのみに装備された電子制御サスペンションは、二人乗りや重たい荷物を積んだ時でも、手元のスイッチ操作だけで簡単にリアサスペンションのプリロードを最適化でき、好みに合わせてダンピングも変更できる優れモノ。ちなみにスタンダードでも、手動にはなりますが工具不要でプリロードの調整ができます。
わずか34,000円の差額でこの装備が付くと考えると大変魅力的!

プレミアムラインにのみに装備されているセンタースタンドは、スタンダードにも後付けが可能ですが、部品代だけで約3万円するので、やっぱりプレミアムラインのお得感がより感じられますね。

車体カラーによる違い

ホワイト
+0円
レッド
+26,000円
ゴールド
+26,000円
カラーコードNB5NA5N2Z
フロントフォークカラーブラックゴールドブラック
ホイールカラーシルバーブラックブラック
標準装備スポーツウィンドシールド

用意されている車体カラーは3色。外装以外の違いはフロントフォークとホイールの色、ウィンドシールド(スクリーン)です。スポーツを意識したレッドのみ、ゴールドのフロントフォークとショートスクリーンが装備されています。

パッケージとオプションシートの組み合わせ

F900XRには、標準シート以外に4つのオプションシートが用意されています。足着きを改善するローシートだけでなく、長身の方におすすめのハイシートもあり、パッケージとの組み合わせでシート高が違うので、まとめてご紹介します。

スタンダードプレミアムライン
ローシート
52,910円
775mm
(標準装備)
795mm
標準シート
52,910円
805mm825mm
(標準装備)

ハイシート
52,910円
820mm840mm

コンフォートシート
61,160円
825mm845mm

エクストラハイシート
55,550円
850mm870mm

YAMAHA TRACER900GTとの比較

同クラスのエンジンを備え価格帯も近い、ヤマハのトレーサー900GTは、F900XRを検討する上で欠かせない存在です。というわけで最上グレードのプレミアムラインとトレーサーの主要諸元を比べてみましょう。優れている項目は下線にて強調しています。

概要

項目F900XR
TRACER 900 GT
価格(税込)1,413,000円1,221,000円
カラーホワイト/レッド/ゴールドシルバー/レッド/ブルー
メーカー保証期間3年間(最大5年まで延長可)2年間

まずは価格差から。F900XRのプレミアムラインと比較すると、192,000円の差があります。スタンダードでは158,000円の価格差となります。この価格差に見合う違いがあるのかが気になる所です。
メーカー保証の差は結構重要な点で、新車購入した場合最初に訪れる3年目の車検まで、心配要素を大きく減らすことができます。
しかも、わずか27,500円の追加料金で5年まで延長することができ、2回目の車検までも安心の親切プランです。

エンジン

項目F900XRTRACER 900 GT
エンジン型式DOHC 4バルブ
水冷直列2気筒
DOHC 4バルブ
水冷直列3気筒
ボア×ストローク86×77mm(1.12:1)78×59mm(1.32)
排気量894cc845cc
最高出力77kW(105HP)/8,500rpm85kW(116PS)/10,000rpm
最大トルク92Nm/6,500rpm87Nm/8,500rpm
圧縮比13.1:111.5:1

心臓部は排気量こそ近いものの、別物のエンジンです。フィーリングについては主観が大きいのでここでは触れませんが、数値だけで見比べていくと、トレーサーの方がハイパワーで高回転型なのが解ります。
最高出力、最大トルクともに、F900XRの方が低い回転数でピークに達するので、より扱いやすく、コーナーが続く峠のワインディングでもグイグイ加速している様が想像できますね。
もちろんピーク値以上に常用域が大切なのですが、パワーカーブが公表されていないので想像だけです。あ、結局主観になってしまいました(笑)
なお、出力についてはHP(イギリス馬力)とPS(フランス馬力)で単位が違い、トレーサーの116PSを換算すると114.4HPとなります。

シャシー

項目F900XRTRACER 900 GT
タイヤサイズ(F/R)120/70-17
180/55-17
120/70-17
180/55-17
ホイールベース1,530mm1,500mm
シート高825mm850/865mm
全長2,150mm2,160mm
全幅860mm850mm
全高1,420mm1,375mm
重量
(燃料・油脂含む)
223kg215kg

同クラスの対抗馬なだけあって、車体関係のサイズはかなり近いですね。シート高はF900XRの方が25mm低いですが、車重はトレーサーが8kg(約4%)軽量。いずれも大きな差ではなさそうです。

航続性能

項目F900XRTRACER 900 GT
燃料ハイオクハイオク
燃費23.8km/L19.7km/L
燃料タンク容量13L18L
航続可能距離(目安)309km354km

ロングツーリングを楽しむなら燃費は重要です。ハイオク140円/Lとして1,000km走行した場合で単純計算すると、F900XRが5,882円、トレーサーが7,106円の燃料代がかかります。
しかし燃費がいいF900XRも、5Lのタンク容量差は大きく、航続可能距離ではトレーサーに敵いません。
燃費も容量もよければロングツーリングには最高なのですが…(笑)

装備

項目F900XRTRACER 900 GT
フルカラーTFTメーター
ライディングモード3段階
(別売りのコーディングプラグを装着することで+1段階)
3段階
トラクションコントロールモードに連動
(別売りのコーディングプラグを装着することでモードごとにパーソナライズが可能)
3段階
エンジンブレーキコントロール
クイックシフターアップ&ダウンアップのみ
ABS◎(コーナリングABS)
クルーズコントロール
グリップヒーター
スリッパ―クラッチ
サスペンションセッティングF:調整不可
R:電子制御
F:手動
R:手動
Fブレーキブレンボ製4ピストンラジアルマウント4ピストンラジアルマウント
ハンドプロテクター
スクリーン調整2段階10段階
LEDヘッドライト
コーナリングライト
キーレス
ETC標準装備

トレーサーも多くの装備が付いているのですが、やはり比べてみるとF900XRの装備がいかに充実しているかが分かります。特に、シフトダウンにも対応したクイックシフターや、コーナリングABSはすぐに体感できる高性能デバイスです。
ハイウェイツーリングに必須のETCも、本体と取り付け工賃を合わせると4.3万円程必要なので、標準装備なのは意外と大きな差となります。
ここまで比較してみると、20万円弱の価格差も納得の違いがありますね!どちらも一長一短があり素晴らしいバイクですが、装備を重視するならば断然F900XRがおすすめです。

日本一詳しい!?待望の390 Adventureを徹底解説

ちなみに、プレス的な情報や試乗レビューは下記の他サイトに任せます!(笑)

詳細写真

まずは写真を見ながら各部をチェックしていきましょー!

か、かっこい~!
土の匂いがするディティールは、林道やキャンプがめちゃくちゃ似合いそうです!

2段階に調整できるスクリーン

アドベンチャーモデルには欠かせないウィンドスクリーンは調整可能。
小ぶりなスクリーンが標準装備されていますが、790Adventure純正の大きいスクリーンにも交換できることを確認済みです。さらにラリー感が出るのでオススメですよ!

クイックシフターがこんな所に!

動画で全体とメーターをチェック

390DUKEより軽い!?取り回してみた

DUKEより9kg重たくなっているはずの390Adventure(以下ADV)ですが、いざ取り回してみると…あれ?思った程重く感じません。場合によってはDUKEより軽く感じる場面も。
実はその要因のひとつは、ハンドルの位置。てこの原理で言うならば、タイヤの接地面が支点、バイクの重心が作用点、グリップが力点となるので、接地面からグリップが遠い程、楽な力で起こすことができるわけですね~
また、ハンドル幅が広いことも影響しているようです。DUKEの約74cm(左右グリップ端までの距離)に対しADVが約80cmと結構違いがありました。

足着きとライディングポジション

390 DUKEとの比較

同型エンジンを備えたDUKEは、ADVを検討する上で欠かせない存在です。というわけで主要諸元を比べてみましょう。優れている項目は下線にて強調しています。

概要

項目390 Adventure390 DUKE
価格(税込)759,000円641,000円
カラーオレンジ/ホワイト
メーカー保証期間2年間

まず価格差は、118,000円。これを大きいと見るか小さいと見るか…さらに比べていきましょう。
カラーはどちらもオレンジとホワイトの2色展開。DUKEと比べADVのオレンジは、マットな上に若干黄色寄りの色味なので柔らかい印象です。

エンジン

項目390 Adventure390 DUKE
エンジン型式DOHC 4バルブ
水冷単気筒
ボア×ストローク89×60mm(1.48:1)
排気量373cc
最高出力32kW(44HP)/9,000rpm
最大トルク37Nm/7,000rpm
圧縮比12.6:1

エンジンはDUKEで人気が確立しているパワフルな単気筒を、ほぼそのまま使用。中~高回転をメインにトルクフルに加速し、9,000回転までフラットに吹け上がるKTMらしい軽快なエンジンは、街乗りから峠道までワイドに楽しませてくれます。

と、それだけでは情報として面白くないので、パーツリストをざっと見比べて内部部品に違いがないか調べてみました(2020年式390DUKEと比較)。
一番驚いたのはコンロッド!ピストンの往復運動をクランクシャフトの回転運動に変換する超重要な部品ですが、品番がごっそり変わっているので小変更ではなく別物に改良されているかも!?
次にバランスシャフト(エンジンの振動を低減する)も品番変更されています。
他にはセルモーター、ステーターコイル、スパークプラグといった電装関係も変更されているので、同エンジンに見えてこっそり改良&最適化されているようです。
ちなみに、ピストン、クランクシャフト、カムシャフト、クラッチ周り、ミッション周り(一次減速、変速、二次減速)については、ざっと見た所共通でした。

シャシー

項目390 Adventure390 DUKE
タイヤサイズ(F/R)100/90-19
130/80-17
110/70-17
150/60-17
ホイールベース1,430mm1,357mm
シート高855mm830mm
最低地上高200mm175mm
サスペンションストローク(F/R)170/177mm142/150mm
キャスター角63.5°65°
乾燥重量158kg149kg
装備重量(燃料満タン)172kg163kg

車格もカテゴリーも違うので、シャシー周りの寸法には多くの差があります。
まず大きな違いはホイールサイズ。フロントにはアドベンチャーモデル定番の19インチを採用。完全オンロード向けタイヤからブリヂストンのAX41などのアドベンチャータイヤまで、幅広い選択肢からタイヤを選ぶことができます。
シート高の差は25mm。ADVの方がシートが幅広なので、足着き性の低下はそれ以上に感じましたが、着座面積の広さは乗車中の快適性に貢献しています。
重量はDUKE比+9kgと、6%の増加。車格が大きくなり、フロント周りがフレームマウントとなっている辺りが主に影響しているようです。もっとも、前述の通り実際にはその差を感じる場面は少ないと思います。

航続性能

項目390 Adventure390 DUKE
燃料ハイオク
燃費29.6km/L28.9km/L
燃料タンク容量14.5L13.4L
航続可能距離(目安)429km387km

ロングツーリングを楽しむなら燃費は重要です。頻繁な給油の心配はせっかくの盛り上がりに水を差しますからね。
燃費とタンク容量に優れたADVは、単純計算した航続可能距離に約40km程の開きがありますが、DUKEでも400km弱航続できる性能を持っているので、どちらも大きな心配は必要なさそうです。

装備

項目390 Adventure390 DUKE
フルカラーTFTメーター
スマホ表示・操作
(電話・音楽など)
トラクションコントロール○(解除可)×
クイックシフター△(アップ&ダウン)×
ABSコーナリングABS
(リアのみ解除可)
ABS
(リアのみ解除可)
スリッパ―クラッチ
サスペンションセッティングF:減衰(伸び縮み独立)
R:プリロード、伸び減衰
F:×
R:プリロード
ハンドプロテクター×
スクリーン○(2段階調整可)×
LEDヘッドライト

※△:オプション

主な装備を比較しただけでもこれだけ違いがあります。ざっくり言うと、電子デバイスの追加とオフロード向け装備の差です。400ccクラスでこれだけ備えたモデル、他にありましたっけ??というレベルに充実していますね。
特に注目はトラクションコントロールクイックシフター。近年大型モデルを中心に装備されることが多く、走行性能、安全性、快適性全てが向上する、一度使うと手放せない機能です。クイックシフターはオプションとなりますが、個人的には追加されることを強くおすすめします!(あとからいつでも追加できます)

パワーパーツ(純正オプション)

KTMは車種ごとに豊富なオプションパーツが用意されていることも魅力のひとつです。390 Adventureも例に漏れず、専用パーツや790 Adventureと共通のパーツなどが多く用意されています。ここではその中から人気のアイテムをご紹介します。

※価格は6月20現在の税込価格です

性能アップ関係

ガード関係

ライディングポジション関係

積載関係

汎用パーツを含めるとまだまだあるので、社外品の前に純正カスタムでたっぷり楽しめますよ!
お客様の用途に合わせてぴったりなパーツをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

PayPayでお得にバイク購入!50万円で3万円分還ってくる!

令和元年はキャッシュレス元年!
今や世の中はキャッシュレスサービスが標準化しつつあります。
その一翼を担っているのが、去年の10月から経済産業省が施行している「キャッシュレス・消費者還元事業」で、キャッシュレス支払いを行った消費者に最大5%が還元されます。

さらに、弊社で取り扱いしているPayPay(ペイペイ)でのお支払いなら、5%に加えPayPayから1.5%(3月中)がポイント還元されるので、最大6.5%もお得にお買い物ができるのです。
これを上手く活用しない手はないですね!

弊社では、車両のお支払いでのクレジットカードのご利用はお断りしているのですが、PayPayに限り6月30日まで限定でご利用いただけます。
一部をPayPay、残りを現金やローンでお支払いすることも可能です。

還元されるポイントの詳細

ポイントには国から還元される消費者還元事業の5%と、PayPayから還元されるPayPay利用特典の1.5%の二種類があり、同時に獲得することができます。

いずれもひと月の付与上限が決められているので、使えば使うだけ獲得できる訳ではありません。
消費者還元事業は50万円の決済分まで(5%対象店舗の場合)、PayPay利用特典は100万円の決済分までとなっていて、ひと月に50万円を超えてからの決済にはPayPayの1.5%しか付与されないので注意が必要です。

無駄なくポイントを獲得するためには、消費者還元事業の上限に合わせて決済するのがよさそうです。
分かりやすいよう表にまとめてみたのでご覧ください。

3月31日までのポイント還元

ポイント還元率一回の付与上限ひと月の付与上限
消費者還元事業
(~2020年6月30日)
5%25,000ポイント
=50万円決済分
25,000ポイント
=50万円分決済分
PayPay利用特典
(~2020年3月31日
1.5%7,500ポイント
=50万円決済分
15,000ポイント
=100万円分決済分
合計6.5%32,500ポイント
=50万円決済分
40,000ポイント
=100万円分決済分

注意として、PayPay利用特典は4月1日以降も続きますが、以下のように前月の利用状況によって還元率が0.5~1.5%の可変となります。

(基本付与分0.5%)+(前月決済50回以上で0.5%)+(前月決済10万円以上で0.5%)=最大1.5%

つまり、ひと月に50回(100円以上/1回)以上決済することはヘビーユーザー以外なかなかないため、実質0.5~1%となってしまいます。
また、付与上限は変わらないので、上限目一杯のポイントを得るために必用な決済金額が高くなります。
3月との差0.5%は、50万円決済した場合でも2,500ポイントと比較的少ないですが、せっかくならば3月中にポイントを稼ぎたいところですね!
4月以降の表も掲載しておきます。

4月1日から6月30日のポイント還元

ポイント還元率一回の付与上限ひと月の付与上限
消費者還元事業
(~2020年6月30日)
5%25,000ポイント
=50万円決済分
25,000ポイント
=50万円分決済分
PayPay利用特典
(2020年4月1日~)
1%7,500ポイント
=75万円決済分
15,000ポイント
=150万円分決済分
合計6%32,500ポイント
=75万円決済分
40,000ポイント
=150万円分決済分
2020年もよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

2020年も盛りだくさんのイベントとより充実したサービスで、みなさまのバイクライフが一層素敵な時間となるよう誠心誠意サポートさせていただきます!

本年もオートハウスアツを何卒よろしくお願いいたします。

オートハウスアツ スタッフ一同

KTM好きの必需品!2020年カレンダーが入荷しました

表紙のラリーからカッコよすぎるぞー!
大きさは幅約61cm、高さ約40cmと、およそA4の4倍のビッグサイズ。
自分の部屋はもちろん、ガレージに飾っても映えますね!

内容の一部をご紹介。
スーパークロスにアウトドアモトクロス、エンデューロにラリーなど、KTMらしいオフロードの写真が豊富です。

活躍の場を拡げるロードレースも!

ストリートモデルも充実!
790DUKEやアドベンチャーシリーズ、そして先日発表されたばかりの890 DUKE Rが掲載されています。

フルモデルチェンジした話題の新型1290 SUPER DUKE Rもしっかり載ってます!

このクオリティで価格はわずか税込610円ナリ~!
毎年人気のこのアイテム、複数仕入れましたが、すでに残りは2冊となりました。
メーカー在庫はすでに完売らしいので、気になる方はお急ぎください!

休日は野母崎でモトクロス遊び!

突然ですが、あなたはアツの裏ユニット、チーム山荒をご存知でしょうか?
オフロード好きな、スタッフ&お客様で構成された、店休日のみプライベートで活動する超ゆる~いグループです(笑)

今週の水曜日も元気な大人たちが集まりましたよ~。
場所は野母崎にある「軍艦島が見えるモトクロスコース」。
地形を活かしアップダウンに富んだテクニカルなモトクロスコースと、広大な山林を開拓して整備されたエンデューロコースが併設された、初心者から上級者まで楽しめる長崎随一のオフロード施設です。

今回のメンバーは5人。
山荒には幽霊部員を含めると10人程メンバーがいるのですが、家庭がある大人たちなのでなかなか全員集合とはいかないんですよね~。
というわけでいつも不定期開催です。

チーム山嵐 メンバー紹介

せっかくなので今回参加したメンバーのマシンをご紹介します!

まずは、U様(38)のKTM 250EXC-F SIXDAYS
一口にオフロードバイクと言っても、ターゲットとなる競技向けに細分化されていて、こちらはエンデューロ競技に特化したエンデューロマシン!
もちろんモトクロスコースも楽しめますが、こいつの真価を発揮するのは林間のセクションを突破していくエンデューロレースです。
U様は過去に2度、こちらの会場で開催されたエンデューロレースにも出場して、エンデューロライフを満喫しまくっています!
なんでも次回は入賞を狙っているとか!?

続いてY様(55)のKTM 85SX
こちらはモトクロス競技に特化したモトクロッサーマシンです。
先日お買い上げいただいたばかりでピカピカ~!
色々な都合から、フルサイズと呼ばれるモデルより一回り小さい85ccを選ばれましたが、パワフルな2ストロークエンジンとKTMらしい剛性がしっかりした車体が相まって、大人が乗っても十分モトクロスを満喫できるようですよ。
ちなみに大人仕様にするために、ハイシートに交換して前後サスペンションは調整しています。

こちらはATSU工場長(43)のKTM 250SX
2ストローク250ccエンジンのモトクロッサーというバケモノマシンです。
誰でも乗りやすい4ストローク250ccのストリートバイクじゃないですよ、2ストです!レーサー(競技車両)です!
これを全開で乗りこなせる人はプロになった方がいいと思います(笑)

オフロードバイクを所有していないI様(48)の愛車は、もっぱらレンタルのHonda CR80
小さいからって侮るなかれ。
軽量でパワフルな2ストロークモトクロッサーは、全開にすれば大人が乗っても吹っ飛ぶほどの加速を発揮します!
とはいえI様もそろそろマイバイクが欲しいご様子…!?

ちなみに私は、20年前のカワサキの2ストローク125cc。
最新のKTMエンデューロマシンが欲しぃ~!!
2020年モデルのEXCシリーズはさらに進化しているらしいですぞ。

走行動画

I様がコースを疾走する様子をGoProで撮影したので、楽しすぎる雰囲気を感じてみてください!
それにしてもI様もはやCR80のエキスパートですね(笑)

モトクロスをやってみたい!

「自分もやってみたい!」と思ったら、まずはアツの吉村にご連絡ください!
バイクはコースのCR80をレンタルでき、ヘルメットやプロテクター類もアツで無料貸し出し用を準備しています。
「軍艦島が見えるモトクロスコース」さんの走行料は、一日中走っても2,000円、バイクレンタルは+3,000円という大変良心的な料金なので、お小遣いでおなか一杯遊べるのも魅力的!
最初は見学だけでもOKですよ~。

来年の正月は、同コースで毎年恒例の新年会&オフ体験イベントを開催します。
予習で一度体験しておくと、当日も~っと楽しめますよ!

アツ社長を探せ! in 2019BikeJIN祭り

イベント概要

11月に開催される「2019BikeJIN祭り@熊本・HSR九州」にアツ社長も参加します!
そこで、広大な会場内から見事アツ社長を見つけ出し、合言葉を伝えていただいたお客様先着20名様に、もれなく500円分のクオカードをプレゼント😋

合言葉はBMWのキャッチフレーズ
カタログなどいたるところに書いてあるアレです!

BikeJIN祭りは、日本各地からバイク乗りが集うビッグイベントです。
盛りだくさんのイベントや物販ブース、各メーカーの試乗もできるので一日中楽しめますよ!
イベントの詳しい内容は、下記公式サイトをご覧ください。

2019BikeJIN祭り@熊本・HSR九州

開催日時

2019年11月2日(土曜日)
10:00~16:00

開催場所

HSR九州
熊本県菊池郡大津町平川1500

参加条件

特に条件はありません。ATSUでバイクを購入されていない方のご参加も大歓迎です!
ご参加に際してのお申し込みは必要ありません

参加費

無料

プレゼントについて

BMWの最新モデルがプリントされた、限定デザインのクオカードです。
コンビニ各種や書店などあらゆる店舗で使用できます。
デザインはお選びいただけないので、あらかじめご了承ください。

先着20名様へのプレゼントなのでお早めにご参加ください!